家づくりへの想い ARCHITECTUAL PHILOSOPHY

 

快適

Comfortable

広々としたLDK空間でも、
部屋中ムラなく、暖かく

断熱性の高い住宅なら、魔法瓶のような効果で、部屋の快適さを外へ逃がさない。室内の“温度ムラ”も軽減され、足もとはもちろん、部屋のすみずみまでしっかり暖まります。

部屋の上下温度差が少なく、
足もとまで暖かい

家の断熱性が低いと、冷たい空気が足もとにたまってしまい、”温度ムラ”ができてしまいます。断熱性の高い住宅なら、上下温度差が少ないため、足もとまで快適です。

体感温度の差も少なく、
夏・冬ともに快適

たとえば、冬、室温が23℃でも暖かくない。それは、天井·床・壁・窓の表面温度が低く、その影響で体感温度が下がっているからなのです。そんな問題も断熱性の高い家なら部屋全体が保温され、体感温度も改善されます。

たっぷり光を採り込みながら、
窓辺の寒さはしっかりカット

家の心地よさを左右する、重要なポイントの一つが「窓」。
窓の断熱性の高い住宅なら、冬でも窓辺の寒さに悩まされない、 気持ちのいい窓辺がつくれます。

高性能な断熱窓で、冬の窓辺も快適

断熱性の高い住宅では、外壁や床・天井等の断熱以上に高性能窓が重要です。室温と窓ガラスの温度差が軽減されるため、冬の窓辺でも快適に過ごすことができます。

結露を抑えて、カビ・ダニの発生を予防

冬に発生する窓の「結露」。この水滴はカビやダニを発生させて、アレルギーを引き起こす要因に…。高性能窓なら、優れた断熱効果で結露の発生を抑えて、健やかな暮らしにも貢献します。

夜暖房や冷房を止めた後も、
朝まで快適さがつづく

断熱性の高い住宅なら、夜間の暖房や冷房を消した後も、急激な温度変化を抑えられるので、朝起きるときまで快適。 睡眠の質もグッと高まり、朝の目覚めもすっきり。
冬にお子さんが布団をはいで寝ていても安心です。

部屋の上下温度差が少なく、
足もとまで暖かい

冬の夜間に暖房を消して、朝起きたときにどれだけ温度が下がっているかを比較しました。断熱性の高い住宅なら、暖房を止めても室温が下がりにくく、快適さがキープできます。

[算出条件]
●AE-Sim/Heatにより算出●自立循環型住宅ガイドライン一般地モデルプラン(2階建て/延べ床面積: 120.07m2、開口率:268%)、LD で試算●家族構成:4人家族●暖冷戻機器:エアコン一 (6~8 畳用)●暖戻:20℃、冷房27℃•60%●気象条件:拡張アメダス気象データ 2000年版の東京を使用●住宅断熱仕様: ( 一般住宅)昭和 55年省エネルギー基準IV地域深合レベル、(高断熱住宅)天井・外堅SWT100、床:XPS100mm、開口部:サーモスX PG、 玄関: K1.5仕様、 換気:エコエア 90
掲霰デー タはシミュレーションにより算出した値であリ、保証値ではありません。 住宅の 仕様、生活スタイル、気象条件等によリ異なる堀合があります。

暖かい家にしたら、
夜間頻尿の割合が半分に

「トイレが近い、夜中に何度もトイレに起きる」ことを「夜間頻尿」といい、「過活動膀脱」の症状の一つです。国内の40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀脱の症状をもっており、患者数は約800万人以上とも推計されています。非断熱住宅から高断熱住宅に住み替えた場合について分析したところ、夜間頻尿の症状有無が半分に軽減しました。

※就寝前室温とは、各々の就寝時刻3時観前の居個の室温平均を意昧する。室温維持群とは、前調査と比較して平均の差が士2.5℃以内の者とし、 2.5℃以上上昇を上昇群、低下を低下群とした。
※投入したものの有意とならなかった項目:年齢、性別、BM|、喫煙、飲酒、塩分摂取、就寝前室温(前調査時点)、 夜間外気温(前調査時点)、夜間外気温変化(前調査時点からの変化) ※投入して、有意となった項目:就寝前室温変化、世帯収入、前調査時点の過活動膀脱有無 ※出典: 一般社団法人日本サステナブル建築協会 断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中問報告(第3回)資料よリ
※グラフの比率は調整オッズ比の値。
 

健康

health

家の断熱性アップは、
家族の健康改善にも効果的

住まいの断熱性を高めると、健康改善にも効果があることが 最近の研究により明らかになっています。
大切なのは、しっかり断熱をして室内を低温にしないこと。 それが、健康な暮らしへの第一歩となります。

冬、室温18℃未満は
健康リスクが高まる

イギリスの住宅に関する指針によると、「18℃未満」は健康リスクが高まるとされています。健康を守るためには、最低室温を高め、推奨温度を保つことができる頭境が求められます。

断熱性の高い家への住み替えで
健康改善が実証

転居前と転居後で、健康状態がどのように変化したかについての調査。断熱性の高い家に住み替えた人の方が「健康を害するさまざまな症状が出なくなった」という割合が多いことがわかりました。

室内温度の違いで、
健康診断結果にも差が

室温18℃未満の家に住む人は、18℃以上の家に住む人に比べて、
「心電図の異常所見のある人が約1.9倍」、
「総コレステロ ール値が基準範囲を超える人が約2.6倍」となり、
室内温度の違いによって健康診断結果にも差が出ることがわかりました。

足元まで快適だと、
通院人数が減少

床付近の室温が15℃未満の家に住む人は、床付近の室温が15℃以上の家に住む人に比べて、「高血圧で通院している人が約1.5倍」、「糖尿病で通院している人が約1.6倍」。室温が同程度でも、床付近の室温の違いによって通院人数にも差が出ることがわかりました。

家の断熱性アップで、
ヒートショックのリスク軽減

ヒートショックとは、急激な温度変化で血圧が上下に変動すること。
脳卒中や心筋梗塞の要因となり、また、それらが転倒や浴槽内での溺死という事故を引き起こす場合もあります。
家全体の断熱性を高めることで、部屋間の温度差は少なくなり、ヒートショックのリスク軽減につながります。
高齢者が同居されていない場合も将来に備えておきましょう。

ヒートショックは、
温度差による血圧変動につながる

家全体が暖かい場合は血圧変動が少なく、居間と脱衣所·浴室との温度差が大きい場合は血圧変動が大きくなり、ヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞を引き起こす危険があります。

温度差を少なくして、
ヒートショックを防止

建物全体の断熱性能を高めると、部屋ごとの温度差が少なくなります。リビングから出たときのヒンヤリ感も軽減され、浴室やトイレでのヒートショックのリスク軽減にもつながります。

※冬の夜(1/25 21:00)における室温度
※出典HEAT20設計ガイドブック +PLUS 2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会著

健康な暮らしを実現するための
新たな断熱指標「HEAT20」

家族の健康を守るためには、どれくらいの断熱性能を目指せばいいのか。
その指標となるのが、「HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)」が推奨するG1 ·G2グレードです。省エネ性はもちろん、室内温熱環境の観点から、健康で、快適に馨らすために必要な住宅の断熱性能が示されています。

 

省エネ

Energy saving

住まいの省エネ化は、
建物の断熱性能向上が優先

住宅の省エネルギー化を図るためには、 建物の断熱性能向上と、設備の高効率化を上手に組み合わせる必要があります。

高断熱・高気密住宅が
省エネになる仕組み

高断熱・高気密にすることで、1年中、家の中を快適な温度に保つことができるため、エアコンを使用する機会が減ります。
よく、「夏涼しく冬暖かい家」という表現が用いられますが、暑い夏でも家の中が涼しく、寒い冬もあたたかければ、エアコンを使う必要もなくなることから、エアコンにかかっていた冷暖房費が下がります。
また、エアコンを使うことによって生み出されるCO2など、環境破壊につながる物質も抑えることができます!

 

環境への配慮

Environment

地球温暖化の影響により、
さまざまな問題が顕在化

世界では、自然災害の発生により、年間に約6,000万人が被災しています。ここ日本でも、甚大な被害をもたらす巨大台風や夏の記録的な酷暑など、気候変動によるさまざまな災害が深刻化しています。

出展:国際連合広報センター「2019年2月22日プレスリリース」

地球温暖化を食い止めるために

2015年、地球温暖化などの気候変動に対する枠組みを決める会議がパリで開催されました。
その中で「21世紀後半の温室効果ガス排出を実質ゼロにする」という長期目標が示され、世界各国がCO2削減に向けて動き始めています。日本も「—26%」の削減目標を掲げ、社会全体で取り組んでいくことが求められています。

住宅の省エネ化も重要なテーマのひとつ

日本が掲げたCO2削減目標の達成に向けて、家庭部門は「-39%」というさらに高い目標が設定されており、その実硯のためには日々の暮らしにおけるエネルギー消費を抑えていくことが大切。とくに大きな割合を占める冷暖房と給湯については、できるだけ環境負荷を抑えるための工夫が重要となります。

出展貸源エネルギー庁「平成30年度エネルギーに関する年次報告l(ニネルギー 白書2019)

脱炭素社会

菅総理所信表明演説
「2050年までに脱炭素社会を実現」と発言!!

第5回 再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォースにより 省エネ義務化が急浮上!!

 

長期優良住宅

Long-term excellent housing

認定長期優良住宅取得

長期優良住宅を全棟に行っていますので、国の定める住宅の性能、維持管理等級3(最高等級)、劣化対策等級3(最高等級)、耐震等級3(最高等級)、断熱等級4(最高等級)を確保いたします。

ダウンロード
株式会社高橋住研