• 高橋住研 facebook
  • 高橋住研 インスタグラム
  • 高橋住研 twitter

新築についてのよくあるご質問 Questions

土地探しだけせず、どんな家に住みたいかのイメージをしておくことが、いい土地探しにつながります

建物工事費のほかに、附帯工事費、諸経費がかかります。

  • 附帯工事費(外構など:太陽光発電、屋内外ガス工事、ウッドデッキ、植栽、フェンス、道路高低差土留め工事、屋外給排水工事、カーポート。内装など:照明、エアコン、カーテン、床暖房、家具、場合によって必要な費用:解体工事、地盤改良工事など)
  • 諸経費(登記料、不動産取得税ほか、火災保険、地震保険、団体信用生命保険、住宅ローン申し込み手数料・保証料、引越し費用、仮住まい費用)

購入時は費用が安くおさえられても、30年住まうメンテナンス費用を考えると高くなる場合があります。

住宅には、建築するときにかかる「イニシャルコスト」と住んでからかかる「ランニングコスト」があります。最近では、住宅の一生に必要な「ライフサイクルコスト」を意識した住宅が注目されています。

初期費用を抑えた住宅

新築時には・・・できるだけコストを抑えて家ができた
住んでいると・・・建てる時だけじゃなくて、住んでからも色々な費用がかかるんだな。。
30年後には・・・思った以上に、家への出費が多かった!子供にお金がかかる時期に家のメンテナンスが必要になって困った時があったなぁ。

ランニングコストを抑えた住宅

新築時には・・・コストはかかったけれど、妥協せず大満足の家が出来た!
住んでいると・・・新築した家は、光熱費まで安くて驚いた!長期保障とメンテナンス制度で、アフターサービスも安心。

30年後には・・・トータルで見たらとても安く住んだ!急な支出が少ないからライフプランも立てやすかったね。

当社では、部材ひとつひとつのライフサイクルコストまで考えた家づくりと充実のロングサポート

  • 30年定期点検
  • 長期優良住宅標準

料金は、お申込みの段階に至るまで発生いたしません。
まずは、家づくりやご予算、家造りの価値観が合うこと。それが第一歩です。
信頼できることを実感していただいてから「私どもに任せてみよう」となりましたら、そこでお申し込みをいただき(書面)料金の発生となります。

一生で一番の高価なお買い物。そこには様々な税金がかかってきます。こうした税金も考慮して現金で準備しておく必要があります。
また、住宅ローンを利用時に一定の条件を満たすと軽減される「住宅ローン減税」などもあるので活用してみましょう。

  1. 印紙税 家づくりにかかるいろいろな契約書を作成する際に支払う税金です。国税の一つで、印紙を購入して契約書に貼付、割印することで納税となります。印紙代は建築費や融資額によって変わってきます。
  2. 消費税 おなじみの税金ですね。建築工事費や設計料、融資(事務)手数料などに課税されます。土地購入時は、不動産会社への仲介手数料にも課税されます。ただし、土地購入代金、ローン借入金、ローン保証料、火災保険料、生命保険料などには消費税はかかりません。
  3. 登録免許税
    土地や建物の所有権などを登記するときにかかる税金です。日本銀行またはその代理店、郵便局などに登録免許税相当額を納付し、その領収証書を登記申請書に貼るか、納付税額が3万円以下なら登録免許税額相当の印紙を登記申請書に貼りつけて納付します。種類によって税額は異なり、軽減措置もあります。

  4. 不動産取得税
    土地や建物の購入時に収める地方税です。土地と建物それぞれで計算されます。
    都道府県が定めた条件を満たし、期日内に税務事務所に申請すると、軽減措置を受けることができます。
  5. 贈与税
    住宅資金を家族などから援助してもらった場合、贈与税がかかります。
    しかし、これには特例制度があり、一定額までの贈与は無税となります。この特例は夫婦2人で利用することができ、それぞれの両親や祖父母から資金援助を受けることができます。
  6. 固定資産税
    土地・家屋・償却資産(これらを固定資産といいます)を毎年1月1日に所有している人が、その固定資産の価格をもとに出された税額を市町村に納めるものをいいます。
  7. 住宅ローン減税
    住宅ローンを利用して家を建てた場合、年末のローン残高に応じて所得税が軽減される制度です。所得税から最長10年間減税されます。

自分がどれくらいの住宅を手に入れることが出来るか掴んでおくことは大変大事なことです。今の収入でいくらまで借りられるか無理なく返済できるかを検討いたしましょう。当社ではローンシミュレーションの相談を受け付けております

このままアパートに住んだ方が得か、頭金はいくら貯めなければならないか、大変悩むことです。当社では生涯コスト、物価変動リスクなどを考慮して最適なアドバイスをいたします。お気軽にご相談ください。

住宅の建て方には様々な工法があり、いくつかに分類されます。

  • プレハブ工法(部材を前もって規格生産し、現地で組み立てる工法。工場で工程の大半を作り終えているため、工期が短い)
  • 軽量鉄骨系(薄く軽い鉄骨を骨組みにした工法=[長所]重量鉄骨に比べえて軽い。[短所]断熱・気密性能に注意が必要錆対策がが必要)
  • コンクリート系(コンクリート系パネルをボルト、鉄筋、溶接でジョイントする工法。[長所]遮音性能が高い。現場打ちのコンクリートと比べ品質が安定 [短所]間取りの自由度が低い。解体が困難。費用がかかる。重量に耐える地盤が必要。)
  • 木材系(床、壁、屋根の木質パネルによって構造を作るパネル工法 [長所]断熱・気密性に優れている。耐震性が高い。[短所]パネルのサイズにより設計面で制限がある。増改築しにくい。)
  • ユニット系(部屋単位まで工場で作ってくみ上げていく工法。[長所]工期が短縮できる、品質が安定[短所]間取りの自由度が低い。クレーンやトラックが入る道路幅が必要)
  • 木造軸組工法(在来工法とも呼ばれる。日本の伝統的な工法。木材で土台・柱・梁などを組み、骨組みを構成した工法。[長所]設計の自由度が高い。リフォームしやすい。日本の気候・風土に合っている。木は鉄に比べ軽いので、地震に強い[短所]職人の熟練度によって仕上がりに差が出る。コストもやや高め。白アリへの対策が必要)
  • 重量鉄骨造(一般的に暑さ6mm以上の重量剛材を使い、柱と梁のみで構成された工法。[長所]耐震性を確保しやすい。窓を広く開放的にできる[短所]錆対策が必要。室内に大きな柱形が出る)
  • 2×4工法(枠組壁工法)(北米生まれの木造。2インチ×4インチの角材と合板で組んだパネルで箱を作るように建物を作る工法。[長所]断熱・気密性に優れている。横揺れの地震に強い。施工が簡単で工期が短い[短所]湿気に弱い。将来リフォームがしづらい)

プランニングで約2か月、見積検討で1か月、標準的な工事で約5か月かかると考えていただければと思います。
土地探しからですと、3か月くらいプラスにかかります。

耐震性に関しましては、家全体をハイベストウッド(木造用耐力面材)で覆うことにより面で支える構造となり、地震に対して大きな力を発揮しています。
このハイベストウッドを使用することにより耐震性はもちろん耐風性を飛躍的に高めることができ、更には、気密性を高めることができます。住宅の構造の強化に秀でたこのハイベストウッドの多用で耐震性も非常に高くなっています。

無垢の床は、工場製品に比べ傷になります。
ですが、無垢の床材は、自然の木そのものを使用しておりますので、修復することができます。
水分を含ませ傷を修正したり床を研磨させ削ることによって修復することができます。

皆さん様々な環境でお住まいになっていますので不満、不安は人それぞれです。皆様に合ったお手伝いを行なっています。

家中が寒い。台所が狭い。清潔な水洗トイレにしたい。洗面所の壁がカビになっている。部屋数が足りないなど

お引き渡し後、6か月、1年、2年、5年、8年、10年、15年、20年、25年、30年の定期点検があります。
定期点検以外でも、いつでもお電話いただければ、状況に応じ対応させていただきます。

高橋住研の工事中の現場は全棟ご案内できます。
また、完成した住宅がご覧いただける「完成現場見学会」を開催しておりますので、お気軽にご来場・ご見学ください。
高橋住研の家づくりをご理解していただくためにも、工事中の現場をご覧いただくようお勧めしています。

高橋住研で建てられたオーナー様のご協力により、オーナー様宅を拝見・お話しができます。
オーナー様のご都合に合わせて、お宅を訪問することができますので、ご希望の方は事前にお問合せください。

高橋住研で家を建てられるお客様には、土地探しからのお付き合いをいただいたお客様がたくさんいらっしゃいます。
地域の不動産業者さんと連携し、お客様ご希望の土地をお探しいたします。自社の物件もありますので、土地をお持ちでない方もお気軽にご相談ください。

菓子店、居酒屋、理容室、カフェ、住宅などの実例がございますので、お気軽にご相談ください。

考慮します!鬼門や工事日程など、さまざまな角度から考慮していきますので、気になる方はご相談ください。

株式会社高橋住研