• 高橋住研 facebook
  • 高橋住研 インスタグラム
  • 高橋住研 twitter
住みながらゾーン断熱

プラン2[1階の窓と床を断熱強化]

1階の窓と床を断熱した場合です。床の工事も居ながら1日で終わります。足元の冷たさを防ぐことで1日の生活のほとんどを暖かく過ごせます エアコン暖房の温度ムラも少し良くなっているみたい。だけど足元の寒さや気温感は気になります。足元から暖かく暮らすためには床断熱にプラスしてやはり床暖房がオススメです。 早朝のリビンが8.3℃!前よりさらに熱が逃げにくくなりました。夜の間のLDKの温度が下がりにくくなっています。床から逃げる熱を抑えるから床表面の温度も少し上がります 暖房費がだいぶ安くなってきました。特に床暖房を使うには床下の断熱が重要です。 寒さの原因は窓と床!窓と床を断熱して床暖房ならとってもあったかい! 温水マット後置きだと床レベルがちょっとだけ高くなるけどスロープ材を使えば気にならないですね。内窓を付けて床を断熱強化して床暖房を入れるとLDK周りは完璧ですね。 簡単居ながら工法なら。窓・床の断熱強化と床暖房の工事は全部居ながらできる。1階だけならコストもリーズナブルでお手軽です。本格工法は床の段差がなくて収まりがキレイです。居ながら工事は難しいから床をはがす工事のついでがオススメです。 <情報提供>暮らし創造研究会

予算や状況に応じて段階的にプランが選べます

  • 断熱箇所:1階の窓
    居ながら工事:簡単
    窓は熱ロスが最も大きい部位なので断熱の効果が高い。生活範囲をまとめれば1階だけで低コストに。
  • 断熱箇所:1階の窓、床
    居ながら工事:可能
    冷たい床は不快の元。床の断熱を強化して床暖房を敷設すれば少ないエネルギーで足元から快適に!
  • 断熱箇所:1・2階の窓
    1階の床、2階の天井
    居ながら工事:可能
    2階も利用したい人向け。天井も断熱しておけば夏に屋根からの日射熱を防ぐ効果も。
  • 断熱箇所:1・2階の窓、1階の床、
    2階の天井、1・2階の外壁
    居ながら工事:難しい
    耐震や外装の改修など、外壁を工事する人向け。壁まで断熱しておけば新築並の高断熱も可能!

ゾーン断熱を詳しく知る!

株式会社高橋住研