• 高橋住研 facebook
  • 高橋住研 インスタグラム
  • 高橋住研 twitter
スタッフブログBLOG
スタッフブログ

収納は[使う]ためにしまう!

2022.11.9

 寒くなって来ましたが、お変わりなくお過ごしですか?
設計部(I.C) 吉田です!

部屋の床面積に対しての物と空間の割合はいかがでしたか!?
空間にゆとりは出来ましたか?

今回は収納スペースです。

10~15% 
 普段の生活で収納スペースが足りない!!と思っている人は結構多いと思います。
まずはクローゼット、本棚、食器棚、家中の収納スペースをチエックしてみて下さい。
家全体の床面積に対する収納スペースの割合は家政学上は10%~15%程度です。
これを収納率と申します。
 30坪の家の場合、家全体であれば収納スペースは3坪から5坪が目安です。
1坪は畳2枚分ですので、6帖~10帖の広さですね!

 一般的には毎日の生活で使っているのは持ち物の1割程度と言われており、
残りの9割は普段使わないもの。もしくはしまった事さえも忘れてるものです。
せっかく片付けても、しまう事に重点を置いた収納方法だと活用しないものが増える一方で、
いくら収納スペースがあっても足らないのが現実です。

 使うときに出しやすく、どこに何があるかわかりやすい事。
活用するためにしまうのが賢い収納と言えそうですね。
 とは言えまずは不要なものは処分しちゃいましょうか~www

         *あると便利な玄関脇収納   < イメージ写真 >

 これから新築・リフォームを考える方は、どの場所にどれくらいの収納
スペースを必要とするか?今のライフスタイルから考えてみてはいかがでし
ようか?
    *次回はインテリアの色について…

株式会社高橋住研
いつでも見学会 予約受付中!